マキイマサルファインアーツ企画展
トラ!トラ!トラ!
2010年1月8日(金)〜1月19日(火)

2010年の幕開けは、干支である「寅」をテーマとした展覧会を開催します。 若手作家7名が「寅」をテーマに、それぞれの表現をします。ご高覧くださいますようお願い申しあげます。

トラは、古代の四神(青竜・朱雀・玄武・白虎)の中の一つであり、古来の人々に畏れられてきた存在でした。 白虎は西方の守護神とされ、婦人のお産を司るともいわれています。
また「寅」の字は、「万物が演然としてはじめて地上に生ずる」ことを意味し、ここから寅の字は、はじまりを意味する、 ということです。魔除けの意味もあり、各地で作られている張子のトラは、そのような願いをこめたものでしょう。
この魅惑的な存在であるトラに、作家が取り組みました。 それぞれの「トラの子」が並びます。
「虎穴にいらずんば虎子を得ず」です。ぜひ新年は画廊に足をお運びください。

This exhibition hosts the work of seven distinguished young artists who have focused on expressing the year of the Tiger (from the Chinese astrological calendar ). Titled "Tiger! Tiger! Tiger!"
The White Tiger is one of the four ancient symbols of the Chinese constellations.(Azure Dragon/ Vermillion Bird/Black Tortoise/ White tiger). Each one of them represents a direction and a season of the year, and each has its own individual characteristics and origins.The White Tiger represents the west and the autumn season.That they administer of childbirth.
Also the Chinese character for tiger "寅" also stands for begin or an amulet. Various parts of the country makes amulets to signify peace.
The artists tackled to capture the tiger's elusive yet fascinating existence.
Each of the tigers children have been lined up as the artists works.
"If you don't try to see what's there, then you'll never see them." So please visit gallery on new years.

トラ!トラ!トラ!

出展作家:
桑名紗衣子
Saeko Kuwana
桑名紗衣子 SaikoKuwana




1982 千葉県生まれ
2008 武蔵野美術大学彫刻学科卒業
2008 卒業制作優秀作品賞受賞
現在、武蔵野美術大学大学院彫刻コース在籍

2008.11 「Some Floats」個展 麻布アートサロン
2008.12 理化学研究所展示プロジェクト 横浜
2009.02 FRESH EXSPAND R2柏
2009.10 「美しい誤読」 武蔵野美術大学

「頭の中でのトラについて考えてみました。それは、特別な存在ではなく物体としてフラットであり、しかしその反面イメージは豊富で、「ぐるぐる回るとバターになる。」というような突飛な物語性も持て余しているようです。」

古池潤也
Junya Koike
古池潤也 JunyaKoike



1971 名古屋市出身
1996 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
2004 トーキョーワンダーウォール入選/東京都現代美術館
2009 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)入選/川崎市岡本太郎美術館
2010 個展(予定)/ギャラリー山口('07、'08、'09)

私は今回の展示のために、動物園に行ってトラを見てきました。そこで、トラが現在絶滅の危機に瀕していることを知りました。生態系が壊れ、乱獲されたあげく、既に絶滅してしまった種もあります。 このまま人間の愚行が続いて行けば、世界はどうなってしまうのか。愚行の実践者である芸術家は、少なくともそのことに鈍感であってはならない気がします。


鈴木光
Hikaru Suzuki
鈴木光 HikaruSuzuki



1984 福島県生まれ
2008 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業
厚地健太郎写真事務所でアシスタントを務める
2009 情報科学芸術大学院大学メディア表現研究科入学

ビデオという表現媒体を使って、現代美術やドキュメンタリーの領域を横断しながら作品を発表し、社会性や、自己、他者のアイデンティティをテーマに研究を行っている。

鈴木悠
Yu Suzuki
鈴木悠 YuSuzuki




1982 栃木県生まれ
2008 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

2006 「第54回東京藝術大学卒業・修了制作展」 東京都美術館
    サロン・ド・プランタン賞 受賞 平山郁夫賞 受賞
     「てつそん2006」 BankArt1929
     「GO!SHIODOME ジャンボリー2006」 汐留シオサイト
2007 「第1回藝大アートプラザ大賞展」 藝大アートプラザ
    藝大Bion賞 受賞
    「第6回金属彫刻作家新鋭展」 メタルアートミュージアム光の谷
2008 「第56回東京藝術大学卒業・修了制作展」 大学内彫刻棟


高橋彩
Aya Takahashi

高橋彩 AyaTakahashi



1984 東京都生まれ
2004 多摩美術大学退学
2008 東京藝術大学絵画科油画専攻卒業
現在、埼玉県でアルバイト生活中の25歳

デコレーション。
日常的に行われているその行為は、モノや服飾、自分自身だけにおさまらず、近年では溺愛の対象ペットちゃんたちも対象になっています。そんな様子をみていると私は想像してしまいます。
愛眼動物に限らず家畜動物や野生動物、動物園の動物たちも花や植物などでデコレーションしている光景を。
それは“kawaii”なのか異様で恐怖するものなのかどうなんだろうか。

野口嶺
Rei Noguchi

野口嶺 ReiNoguchi



1983年 北海道生まれ
東京藝術大学美術学部工芸科卒業
現在、同大学院 鍛金研究室在籍

『対』で生まれたものが双子である
しかし『同』ではない明快な違いがある
はじめから『違』と考えることで気付ける感覚
視覚で捉えるものが既に差異を帯びているのに
頭では捉えきれない矛盾がある
その矛盾が矛盾を起こしています


松下由紀子
Yukiko Matsushita

松下由紀子 YukikoMatsushita




1981 千葉県生まれ
2008 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
現在、東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻在籍

2008 「Midsummer Show」(Azabu Art Salon Tokyo/東京)
2009 「CIGE」(中国国際貿易中心/北京)
     個展「灰神楽」(マキイマサルファインアーツ/東京)
    「アトリエの末裔あるいは未来」(旧平櫛田中邸/東京)

色気を過剰に見せることをテーマに制作。普段は木彫が中心です が、今回は最近始めたシリーズである板絵で、法隆寺にある玉虫 厨子の左側面「捨身飼虎」の図のパロディを試みます。

web:http://yukikoworks.jugem.jp/

CLOSE
Copyright (C) 2005-2007 MAKII MASARU FINE ARTS All Rights Reserved.