MAKII STAFF SELECTION Vol.2
BUDDA STATUES EXHIBITION U
2010年10月15日(土)〜10月26日(火)
October 15-October 26,2010
Press Release
flyer BUDDA STATUES EXHIBITION U designed by Masaya Shirahama
リーフデザイン:白濱雅也



新しい仏像創造をテーマにした「仏像展」の第二回展です。
昨年の『国宝 阿修羅展』の過熱ぶりは記憶に新しく、また今年も、興福寺国宝館リニューアルに伴い、奈良へ足を運ぶ人波も盛んなようです。
昨年からのブームの特徴は、一部の芸術好きやシニア世代だけでなく、これまでに仏像と無縁であった若い世代、とくに女性を取り込んで華やいでいるところです。歴史ブームの関係もあるかもしれません。美術館・博物館の展示のエンターテインメント化も影響しているでしょう。
若い世代は仏像に、古さや抹香臭でなく、「かわいい」「造りこみがすごい」「キッチュ」「癒し」といったキーワードで見ています。まさにアートとしての見方をしているといえるでしょう。

そういう世代が出てきた今日、アーティストも仏像を作ってみました。
古きをたずね、新しきを知る、現代美術作家による、新しい仏像創造です。


“The Buddha Statues Exhibition II”, featuring the creation of the new Buddha statue will be held.It is fresh in our memory how worked everybody up over “The National Treasure Ashura Exhibition” of last year. And this year, with the completion of renewal of National Treasure Museum of Kofukuji Temple, it seems that the enormous turnout of people will visit Nara.

The characteristics of boom from last year can be said that not only a small group of art enthusiast and older people, but the younger generation who have nothing to do with the Buddha statues, especially women are involved and adding the gaiety. The history boom may be affecting to this movement. Becoming of the exhibitions at a museum and an art museum to be an entertainment may be influencing to it.

The young generation do not see those Buddha images as something old-fashioned anymore and now they enjoy them as they are and use their own words such as ”cute”, ”cool”, ”healing” and "well-done" to describe them. We believe that it is the right way to see art.

The appearance of such generation today urges several artists to try to create their own Buddha images.
This exhibition showcases the new Buddha statues created by the contemporary artists who take lessons from the past.


伊東直昭 Naoaki ITOH≪刺羅(イララ)立像≫
伊東 直昭
「刺羅(イララ)立像」 2010
金属、木材、不織布、木紛粘土、アクリル、油彩など
高さ50×幅30×奥行20cm



麻生志保 Shiho ASO≪山越阿弥陀≫
麻生 志保
「山越阿弥陀」2008-2010
絹本彩色
72.7×72.7cm

バンドウジロウ Jiro BANDO≪空即是色≫
バンドウ ジロウ
「空即是色」2009
レーザープリンター出力
サイズ可変

出展作家 Artist:
麻生 志保
Shiho Aso
麻生志保 Shiho ASO




1978年東京生まれ。2003年武蔵野美術大学日本画学科卒業。
個展は、ギャラリー銀座フォレスト、GALLERY IDF、 ぎゃらりぃ朋等。
主な賞歴として、2001年 トーキョーワンダーウォール公募2001入選、2003年 上野の森美術館大賞展入選、2008年臥龍桜日本画大賞展・奨励賞、他。グループ展、アートフェア参加多数。

ちはやぶる神 神にましますものならば
あはれと思しめせ 神も昔は人ぞかし
(『梁塵秘抄』より)

伊東 直昭
Naoaki Itoh
伊東直昭 Naoaki ITOH




1959年神奈川県出身。85年多摩美術大学大学院修了。80年代後半より、個展、アーチスト・イン・レジデンスなどで活動。
最近の発表は「藤沢今昔、そしてこれから・町中アートめぐり」(2010)、「越後妻有トリエンナーレ」(2009)「マキイマサルファインアーツ企画仏像展」(同)、「個展・気体分子ギャラリー」(同)など

相も変わらず迷い、惑い狂う。悟りや安寧の境地には背を向け、
 逆走中の己を写すかのような異形のオンパレードです。


高橋 理加
Rika Takahashi
高橋理加 Rika TAKAHASHI





2000年 個展「ことばの領分」Galleryそわか(京都)/Toki Art Space(青山)2001年 Kyozon」Organaized Kamloops Art Gallery/カムループス市立美術館(カナダ)ワークショップ/カリブー大学(カナダ ) 2004年 個展「子供のあそび」遊工房 ART SPACE(西荻窪)2005年 個展「ヒト機能取扱説明書」Gallery ART SPACE (青山) 個展「くもの糸」藍画廊(京橋)「into the Art Crucible」横浜トリエンナーレ応援企画/BankArt sutudio NYK 1F ホール(横浜)2008年 「越後妻有『怪と談』展」/まつだい農舞台(新潟県)2009年 「擬態」Toki Art Space(青山)他多数

時代が変わっても、人々の根源的な恐れや不安という精神のありように何ら変わりはない。仏に祈る、医療に頼る、そこに根本的な解決が無い事も私たちは知っています。今回は薬師信仰をテーマに現代と過去のイコンを融合させ、それを表現しようと考えています。

バンドウ ジロウ
Jiro Bando
バンドウジロウ Jiro BANDO






1960年北海道生まれ。1984年、多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業後、音楽家&グラフィック・デザイナーとして活動。ライブ、レコーディング参加歴多数。2007年から「オルタナティブ宗教音楽」というコンセプトで楽曲制作開始。2009年から「古今東西の聖者・賢者のことば」というコンセプトでタイポグラフィ作品を制作開始。

数年前、ふと手にした仏典によって人生観が変わった。自分にとって仏教はロックと同じ。今回は仏像の拡大解釈としてのタイポグラフィ作品を予定。

web:http://geppei.com/05_bando/jb_index.html

松浦 春菜
Haruna Matsuura

松浦春菜 Haruna MATSUURA





1982年 神奈川県生まれ。 コスタリカ国立コスタリカ大学美術学部中退、東京芸術大学美術学部油画専攻在籍中。
2008年 「El tropico visto desde oriente」 Teatro Salamandra カリ- コロンビア、「El centro cultural japones」 カリ- コロンビア、2010年 「あらゆる透明な幽霊の複合体」 マキイマサルファインアーツ-東京

神様達は誰も、“自分の姿を作って拝め”とは言っていないにもかかわらず、人間はその像を造らずにはいられないようだ。そしてそれは大抵ヒトのかたちをしている。

松下 由紀子
Yukiko Matsushita

松下由紀子 Yukiko MATSUSHITA





1984年千葉県生まれ。2010年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。2008年 「Midsummer Show」(Azabu Art Salon Tokyo/東京)、2009年 「CIGE」(中国国際貿易中心/北京)個展「灰神楽」(マキイマサルファインアーツ/東京)、「アトリエの末裔あるいは未来」(旧平櫛田中邸/東京)、2010年 「トラ!トラ!トラ!」(マキイマサルファインアーツ/東京)

達観の極致である仏様が、何故これほどまでに艶めかしいのか、関心があります。信心ない私のつくる「仏像」は、単なる煩悩だらけの彫刻にしか見えないでしょうか。

web:http://yukikoworks.jugem.jp/
渡辺 聖介
Shosuke Watanabe

渡辺聖介 Shosuke WATANABE





1985年 千葉県生まれ
2008年 武蔵野美術大学造形学部入学 現在 同学科在籍
2008年 GEISAI#11 出展(東京ビックサイト)
2009年 トーキョーワンダーウォール2009入選者展 (東京都現代美術館)
2010年 「Illogic」 深川ラボ(清澄白河)、都庁 東京都庁(新宿)
     「exist」 マキイマサルファインアーツ(浅草橋)

個人的に偶像崇拝はある意味恐ろしいものだと思いますが、偶像化された神・仏はもっと恐ろしいものですし、そしてそれだけの力を持っていると思います。
CLOSE
Copyright (C) 2005-2007 MAKII MASARU FINE ARTS All Rights Reserved.