“Ach,so!?=あっ、そう!?”2011 Part 2
2011年11月11日(金)〜11月22日(火)
November 11-November 22,2011

日独交流150周年記念事業



日独交流150周年にあたる2011年 秋、マキイマサルファインアーツでは、日・独の作家を紹介する交流展を開催します。ドイツ語と日本語の類似語である「Ach so  あっ、そう」をキーワードに両国の作家の作品を併設展示することで、共通点や相違点を現代美術の文脈で見出す展示です。ご高覧ください。

We would like to announce the group show of German and Japanese artists's artworks together in one space in use of the keywords of two language synonym "Ach so !?". In this exchange show, both common points and points of difference might be found by a context of contemporary art. We hope you will enjoy this show.

“Ach,so!?=あっ、そう!?”2011 Part 1>>>


Ach,so!?=あっ、そう!?2011 DM






日本語とドイツ語の、不思議で珍しい類語のひとつとして、驚いた瞬間に用いられる言葉、「あっ、そう!」があります。ドイツ人は、期せずして新しい知識を得た時に「Ach so!」と口にし、日本人は、それまで知らなかった何かに驚いた時に「あっ、そう!」といいます。ふたつの文化は、何か新しいことや驚きに対して、おのずと同じ表現をつかうようです。

2008年にマキイマサルファインアーツでフリーゼのメンバー8名を紹介する展覧会を開催した際、「Ach,so!?=あっ、そう!?」をタイトルとして選びました。そしてこの秋、フリーゼと日本の作家を紹介する展覧会のタイトルとして、この言葉をふたたび選びたいと思います。

コンテンポラリーアートは、何か新しい経験の感触や、未知の新しい表現方法の中での何らかの気付きを、目指しています。来廊された人々の口から、たくさんの「あっ、そう?」「あっ、そう!」が聞けることを、希望して。

フリーゼ、マキイマサルファインアーツ
(タイトル/テキスト協力:サビーネ・モーア 2008年)

One of the most curious similarities of the Japanese and German language is it's very often simultaneously uttered sound of astonishment and surprise: "Ach so!" says the German when he surprisingly gains new knowledge, "Ach so!" says the Japanese if he is surprised about something he didn't know before. Both cultures seem to have the same spontaneous expression for something that is new and astonishing.

This title "Ach,so!?=あっ、そう!?" was chosen in the exhibition featuring 8 members of artist house FRISE at the MAKII MASARU FINE ARTS in 2008. And we'd like to choose these words again as the title of the exhibition held in Tokyo this year, 2011.

Since Contemporary art is aiming at this feeling of experiencing something new or seeing something in a surprising new way of expression, - we are hoping that the result will lead to many "Ach so's" among our Japanese and may-be German visitors of the exhibition.

FRISE , MAKII MASARU FINE ARTS
(title+text: Sabine Mohr 2008)



アーティストハウス FRISE(フリーゼ)について
ドイツで最も歴史のあるアーティストハウス。1977年創立。ハンブルグに位置するこの充実したアート施設は、当画廊と数年来の親交を持つ。フリーゼ準メンバーである作家 小林俊哉を通じ、これまでもドイツ人作家を紹介してきた。2008年には、グループ展「Ach, so!?=あっ、そう!?」を開催し、8名の作家を紹介。Sabine Mohr、Llaura Sunner、Eva Riekehof、Sylvia Schultes・・・そうそうたるフリーゼメンバーが、浅草橋の地に集った。

artist's house "FRISE":
FRISE is the most historical artisthouse in Germany (Established in 1977). This substantial art facility locating in Hamburg makes friends with MAKII MASARU FINE ARTS in Asakusabashi, Tokyo these several years. The gallery has been introducing several German artists up to this day through Mr. Toshiya Kobayashi who is an associate member of FRISE. In 2008, a group exhibition with the same title, "Ach,so!?=あっ、そう!?" was held at MAKII MASARU FINE ARTS. 8 artists from FRISE were introduced during this one-month session.





出展作家
Artist:
トルステン・パトリシュ・ブルッフ
Torsten P Bruch
トルステン・パトリシュ・ブルッフ Torsten P Bruch
トルステン・パトリシュ・ブルッフのアートは、孤独や憧れといった意味深長かつ悲しげな主題をちょっとしたアイロニーも込めて表現する。中には、先駆けかという裸足のタップダンスや、空間に浮かぶ宇宙飛行士も登場する。ブルッフには、深刻なテーマでも、人をからかうような冗談めかしたところがある。
「Laurentia」というビデオ作品では、男が恋人への憧れを歌っているが、終盤に近づくと、その恋人Laurentiaはやって来ないことが明らかになる。孤立や孤独の感覚を表現しているのに、たいへん滑稽でもある。ビデオでは、アーティスト綿引展子が対となるパートを日本語で歌い、参加している。
新作ビデオでは、ブルッフが黒いタキシード姿のマジシャンとして現れる。袖口からラップフィルムを取り出し、握った手を開くやそれは飛び始める。このパフォーマンスの意図は、目に見えない力を信じることと、目に見える物理的な力を知ることの間を移ろう。今日、私たちの肉眼では信じ難い見えざる危機がそこかしこにあるのだ。

Torsten P Bruch art deals with meaningful and even sad themes such as loneliness and longing with a touch of irony. Among other things, they feature the first ever barefoot tap dance as well as astronauts floating in space. Bruch seems to have a tongue in cheek even when dealing with serious themes.
For example in the video Laurentia, a man is singing a song that describes the longing after one’s love. Towards the end of the video it becomes obvious that Laurentia will not come. The performance creates a sense of isolation and loneliness, yet remains very entertaining. In the video’s counter part the artist Nobuko Watabiki performs the same song in Japanese.
For his new video Bruch appears as a magician in a black tuxedo. He pulls plastic foil out of his sleeve that immediately starts flying when he loosens the grip. The idea of the video performance shifts between believing in the invisible force or knowing about the visible physics. These days there are a lot of invisible crisis that are hard to believe with our own physical eyes.


経歴
1973年北ドイツ・ハノーヴァー生まれ。現在はハンブルグに在住。1995〜2003年、the Academy of Fine Arts(ブラウンシュヴァイク)にてビジュアルアートを学ぶ。卒業後の2005〜2007年、Le Fresnoy-リール国立現代アートスタジオ(フランス)にて学ぶ。
これまでに、ドイツ、アメリカ、フィンランド、フランス、オーストリア、デンマーク、そして日本で展示。
ビデオパフォーマーとして活躍。最初は、自身の中の他者を探すことから始まり、役を演じるという方法へ発展した。様々に変貌する彼の作品の中心となる核は、増殖する存在の中で自分自身を見つける事である。

Biography
Torsten P Bruch was born 1973 in Hanover, Northern Germany and is currently living in Hamburg. He studied visual arts at the Academy of Fine Arts in Braunschweig (1995 to 2003). Then he did a Post-Diploma for Media Art at Le Fresnoy ? National Studio for Contemporary Art in Lille, France (2005-2007).
He has already been showing his works in Germany, U.S.A., Finland, France, Austria, Denmark as well as Japan.
Torsten P Bruch considders himself to be a video performer. The starting point for Bruch is the search for the other within the self, achieved by different strategies of role play. Meeting the self by multiplication is a central motive in his multitired transmedial art work.

WEB:
http://methodik-bruch.de/w/

Torsten P Bruch≪Coming-Funasaka Bon Odori≫
"Coming-Funasaka Bon Odori" 2010


ドド・シーライン
Dodo Schielein
ドド・シーライン Dodo Schielein
ドド・シーラインの作品の主題は、音の身体性である。音が身体にどのように感じられるのかを追究するためと同時に、音を創り出すには身体が必要だからである。
「iris(あやめ)」と題されたサウンド・インスタレーションは、シーラインも参加しているオルデンブルク市の「sentence test(発話の実験)」の一環として制作された。
実験は、ノイズに妨げられた発話の理解可能度を科学者たちが分析するもので、特定の言語に合わせて開発した「模擬言語ノイズ」という環境ヒス雑音を用いる。
この特殊な模擬言語ノイズが「iris(あやめ)」にも使われている。ラウドスピーカーがスペイン、フランス、イギリス、ドイツ、ポーランド、トルコ各国の主要都市の地理上の配置に対応して設置され、鑑賞者がその前を歩いて通る --インスタレーション作品の一部となる-- につれて、ヨーロッパ言語を模したノイズが次々と流れ循環する。
シーラインのもう1つのサウンド・インスタレーション、やはり花の名前が付いた「jewel weed(インパチェンス)」は、壁に取り付けたオブジェが本のようにパラパラと開く。近づくと光センサーが感知し、10秒シークエンスの短い音がページの間を跳ね回る。パーカッションの音がページからページへ駆け抜けて行くようだ。
「シーラインにとって(音楽的な)音は、空間と時間における音の具現を超越した抽象的な論理に当てはまる物質的な本質を有している・・・」 (Helga de la Motte-Haberの言葉より)


The central theme in Dodo Schielein's work is dealing with the physicality of sound. Sound, how it is physically felt on a body - but also ? because there is always a body needed to create sound.
In the sound installation "iris" she is engaged with the Oldenburger Satztest (en: sentence test from the city of Oldenburg).
With this test scientists are analyzing the comprehensibility of sentences which are disturbed by noise. An ambient hissing is used as a "language simulating noise" that was developed especially for certain languages.
In the installation "iris" this special language noise is used. The loudspeakers are arranged by the geographical order of the major European cities of Spain, France, England, Germany, Poland and Turkey. This European language noise is moving in a circle when you step in front of the installation you will be part of it.
Her second sound installation "jewel weed" presents an object on the wall that is fanned open like a book. Started by a light sensor, a ten second sequence of short sounds is played which is jumping between the pages of the object. It seems as though the percussion sounds are passing through the pages.
"... For Schielein (musical) sound has a material quality referring to an abstract logic beyond the sound's realisation in space and time..." (Helga de la Motte-Haber)


経歴
1968年ミュンヘン生まれ。6歳からピアノを、16歳でギターを学びはじめる。1987年より6年間、ミュンヘンのAcademy of graphic designでコミュニケーション・デザインを学ぶ。1992〜1997年、ハンブルグのCollege of Fine Artsで、ヘニング・クリスチャンセン教授のもと学ぶ。同様に、Collage of Musicで、マンフレート・シュターンケ教授等に作曲と音楽理論を学ぶ。
シュツットガルトのAcademy Schloss Solitude とバーゼルの Warteck-Gasteatelier、Kaskadenkondensatorで活動。両場所で助成金を付与される。
2000年9月、フランス/ドイツのテレビ局ARTEが、SusannS.Reck監督の "ThreeSeconds Bach"の中で、彼女を取り上げる。このフィルムは、2000年のウィーン音楽賞で2位受賞。
これまでに、オーストリア、ドイツ、韓国、スイス、アメリカで作品発表。

Biography
Dodo Schielein was born in Munich in 1968. She began studying the piano when she was six and the guitar when she was sixteen. She became a student of communication design at the Academy of graphic design in Munich(1987-1992) and then studied fine arts with Prof. Henning Christiansen at the College of Fine Arts in Hamburg(1992-1997). In addition, she attended courses for composition and the theory of music at the College of Music with Prof. Manfred Stahnke and others.
Dodo Schielein found stimulation in the Academy Schloss Solitude in Stuttgart(Germany) and in Basel(Switzerland) at the Warteck-Gasteatelier, Kaskadenkondensator. In both places she enjoyed the privilege of being a grantee.
The French-German TV station ARTE portrayed Dodo Schielein in "Three Seconds Bach" in September 2000, a sketch directed by Susann S. Reck. The Film won the 2. Prize of the Vienna Music Award 2000.
She has already been showing her works in Austria, Germany, South Korea, Switzerland and U.S.A.


WEB:http://www.dodoschielein.de/


Dodo Schielein≪Interference (2),collaborative work with Susanne Reizlein≫
"Interference (2)" 2008
collaborative work with Susanne Reizlein


古池 潤也
Junya KOIKE
古池潤也 Junya KOIKE
私にとってアートはきれいごとで、絵を描くことは執着にすぎない。東京で震度5強の地震に遭遇して、なおさらその思いを強くした。直後の原発事故の恐怖も忘れられない。
私の絵は深読みに値しない。文字になってはいるが、別に読めなくてもいい。母国語を解さないひとにもOKだ。
人類は自然環境をこれ以上破壊せず、争いを止めて平和を希求すべきだ。アートが平和の象徴であることを願う。

Art means to me glossy appearances and painting is just an obsession. Caught by a 5-plus earthquake in Tokyo on that day in March, the idea grew stronger in me. And I'll never be able to forget the sensation of fear of the nuclear accident that broke right after the quake.
My paintings are not worth deliberating on. Each painting usually shows one Japanese character, but I don't care if a viewer recognizes it or not.
Those who don't know Japanese language will also enjoy tasting my works. Human beings must stop destroying the natural environment, must stop wars now, and must intensely long for the peaceful world. I wish art will live as the symbol of peace.


経歴
1971 愛知県名古屋市生まれ
1996 東京藝術大学美術学部彫刻科 卒業

個展
2005 フタバ画廊 (東京)
2006 Live & Moris (東京)
2007-08 ギャラリー山口 (東京)
2009 ギャラリー山口「新世代への視点 2009」 (東京)

グループ展
2004 トーキョーワンダーウォール 2004 (東京都現代美術館/東京)
2009 第12回岡本太郎現代芸術賞 (川崎市岡本太郎美術館/神奈川)
2010 とよた美術展 2010 (豊田市美術館/愛知)
2010 「つぶやきは はばたく」 (マキイマサルファインアーツ/東京)
    「里山のおいしい美術」展 (まつだい農舞台ギャラリー/新潟)
    アートアワード・ネクスト #1 (東京美術倶楽部/東京)

受賞/コレクション
2009 高橋コレクション収蔵
2010 アートアワード・ネクスト #1 <審査員賞>

Biography
1971 Born in Nagoya, Aichi
1996 B.A. in Sculpture, Tokyo University of the Arts, Tokyo

Solo exhibitions
2005 FUTABA Gallery, Tokyo
2006 Live & Moris, Tokyo
2007-08 Gallery YAMAGUCHI, Tokyo
2009 "Focusing on a new generation in Tokyo 2009" Gallery YAMAGUCHI, Tokyo

Group exhibitions
2004 "Tokyo Wonder Wall" Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo
2009 "The 12th Exhibition of the TARO OKAMOTO Award for Contemporary Art" TARO OKAMOTO Museum of Art, Kanagawa
2010 "Toyota Art Competition 2010" Toyota Municipal Museum of Art, Aichi
    "Mutterings fry freely" MAKII MASARU FINE ARTS, Tokyo
    "The "OISHII" Art of Satoyama" Matsudai NO-BUTAI Gallery, Niigata

Awards/Collections
2009 TAKAHASHI COLLECTION
2010 Award of Judge, Art Award Next #1


Junya KOIKE≪科学 Science≫
"科学 Science" 2009


SYUTA
三友 周太
SYUTA 三友周太

製作した作品を通して鑑賞する人の中に何か温かいようなものが生まれ育ってくれたらよいなと思います。最近は個の製作から皆で創り上げるということへも興味が移行しつつあります。作品を通して、人と人とのつながりや新たな係わり合いが生まれればよいと思います。
自分の作品を創る中で、個の製作の中から生まれるものから自分と他者との係わり合いを見つめなおす機会にしたいと思います。

I hope the person who appreciates my work feel the warm into the heart. Recently, my interest has been changing from individual working to collaboration based on my Ideas. I want to built the new human relationship through my art working.
I would like to have an opportunity to regaze at relation by myself and the others from my own work.


経歴
1967 Bronx NY USA 生
1991 東京薬科大学薬学部卒 薬剤師

アートの社会への係わり合いかたをテーマにした活動を行なう。
佐藤時啓(東京藝大)とともに、バスをカメラオブスクラにするSightseeing Buscamera Projectに携わるほか、平和、環境、健康をテーマにし、人と人とをつなぐワークショップやアートプロジェクトを展開する。光や音を用いた、体感するアートも展開する。
Ray Projects、銀座芸術研究所代表、中村キースへリング美術館アドバイザー、SMF(Saitama Muse Forum)アドバイザー、Tokyo Milky Way Director(台東エリア)etc.個展・グループ展多数。アートミーツケア学会所属。現代美術コンペティション「龍門」 特別賞受賞。

Biography
1967 Born in Bronx NY USA
1991 Tokyo University of Pharmacy/Pharmacist

The theme of my activity for the art is how to involve the society.
One of my art project is Sightseeing Buscamera Project. This Project is performed with TOKIHIRO SATO who is Professor of Tokyo University of Fine Art
using the principal of Camera obscura. The Bus is used as a camera and people who get the bus have experiece in the world of camera.
managed a many art projects and workshops that the themes are Peace, Ecology and Health etc. to make human relationship. Recently my working use the light and shadow, sound or noise to stimulate the feeling.
Ray Projects, Director of GINZA ART LAB, Adviser of NAKAMURA Keith Haring Collection Museum, Adviser of SMF(Saitama Muse Forum), Director of Tokyo Milky Way (Taito Area Tokyo) etc.
EXHIBITION:Solo, Group etc, Society of Art Meets Care
Contemporary Art Competition [Ryumon] Special Prize


SYUTA≪Atom≫
"Atom" 2011


CLOSE
Copyright (C) 2005-2007 MAKII MASARU FINE ARTS All Rights Reserved.